ズンドコピエロとゴクガサイクル

こんにちはあるぱです

 

最近ゴクガサイクルというコンボデッキの勢いがスゴいですよね!CSでの使用率も上がり上位入賞したという報告も多く見ます!(僕も先日KDFで使用し4-3という結果を残すことが出来ました!)パーツもどんどん値上がりしていって…今のコンボデッキの代表的な立ち位置にいると言っても過言ではないでしょう!

 

そこで今回は似たようなコンボデッキとしてズンドコピエロを比較対象にしながらゴクガサイクルの強みや弱みなどをまとめていこうと思います!

 

ただし!これから先は最近両方回してみて僕が思ったことをまとめているだけのメモみたいなもので必ずしも正しいわけでは無かったり、そもそも着眼点が違ったりするかもしれませんがそこは多めに見てもらえると嬉しいです笑

っていう逃げ道残しときますね。

 

 

 

まずゴクガサイクルとはなんぞやって方の為に説明すると
f:id:arupa-poke:20181113213555j:image

これを利用して山を削りシャコガイルでエクストラウィンを狙うデッキです。

これが2体場に出れば最後「白米だんしゃく」は1枚で3枚の手札を生み出しますし、「セイレーンコンチェルト」はサンナップですし、「ラララライフ」はニヤリーゲットみたいな感じになってもうなんでもアリです。

もちろん1枚でも十分勝ちまで持っていけます。

 

 

では簡単にゴクガサイクルがどのようなデッキかを説明したところでズンドコピエロと比べた際のゴクガサイクルの強みを挙げてみます。

 

 

1つ 殴られた返しで回せる

 

オチャッピィやフェアリーギフトを持っていればシールドをブレイクされた返しのターンで回せることが多々あります。

オチャッピィラララでマナを伸ばしゴクガロイザーを着地、もしくはオチャッピィからギフトロイザーなどで間に合わせることが出来ます。これが殴られた際のトリガーもありますので要求値が高く現実味のない話って訳でもないです。

 

2つ パーツの少なさ

 

基本的にゴクガサイクルで必要なパーツはゴクガロイザー1枚です。もちろん継続させる為にはラララライフとそれをG0で唱える為の場のスノーフェアリーだったり、白米や設計図などの呪文が必要ではありますが、ゴクガロイザーでドロー出来ますし、そこまで言っちゃうとズンドコピエロのクリーチャーだったりドルガンバスターの他に出す多色クリーチャーだったりにも同じことが言えるので、スタート地点に立つための必要なパーツとしてはゴクガロイザー1枚だと言えるでしょう。なので勝ちまで持っていける盤面とハンドを作り出すのが比較的簡単なところは強みだと思います。

 

3つ  コンボパーツ兼メタクリーチャーの存在

 

まあピンポイントですが白米/黒豆がどちらでも無駄なく入っているところですね。コンボパーツとしての白米とメタクリーチャーとしての黒豆。これは呪文を抑えられたとしてもある程度戦える理由でもあるかと思います。良くチェンジザダンテにはロイザーよりこれを目指してマナを溜めたりもしますね。

 

 

では全てにおいて今のコンボデッキではゴクガサイクルが勝っているのか?…と、言われればそうでは無いと思います。

 

そこで比較対象として挙げるズンドコピエロにありゴクガサイクルにはない強みをいくつか挙げます。

 

1つ 最速のスピードが極めて速い

 

まあこれですね。

僕がズンドコピエロを使っていて初手を見るのが何よりも楽しみなのはこれが理由です。フリーで僕が「あああ!!!」とか甲高い声で騒いでいたら大体これかトップイメンです。ステップルラララズンドコorピエロ、またはスズランラララズンドコorピエロ。これで最速3ターン着地。その他コンボデッキの全てを置き去りに出来ます。一応ゴクガサイクルにもこれと同じ速度でゴクガロイザーを着地させる事は可能ではあります(ステップルギフトロイザーorステップルララララララロイザーorステップルラララステップルロイザー)が、要求値がまるで違いますのでズンドコピエロの強みと言っていいです。

 

2つ 呪文メタがまるで効かない

 

呪文メタをされてもケロッとしながら回して終わりです。

 

3つ キーパーツがD2フィールド

 

これも大きな違いです。ズンドコピエロはキーパーツがズンドコ晴れ舞台なのでこれを剥がす手段のないデッキには強く出ることが出来ます。これはゴクガロイザーの苦手とするハンドや盤面干渉出来る赤黒ドルマゲドンや黒単デスザークなどに対して非常に強いです。もちろんゴクガサイクルにもズンドコ晴れ舞台を積めば済みますが、呪文主体である以上ガン投するとノイズになるのでズンドコピエロほどの有利対面にすることは難しいと思います。

 

 

はい。ここまでずっとお互いの強み、長所をそれぞれ挙げてきました。次は弱み、短所なんですがこれはこれまで挙げてきたそれぞれの強みの逆だと考えればいいでしょう。

 

ゴクガサイクルはズンドコピエロより、最速が遅く、呪文メタに弱く、キーパーツが場に残りにくい。

ズンドコピエロは殴られた返しに回せないので積極的に殴られればそのまま押されることが多く、パーツが1枚では無く2枚必要(どちらか1枚でも勝ちには持っていけるが数ターン必要になる)、メタクリーチャーやトリガーをデッキの潤滑油とは別で採用しないといけない。などなど…

 

特にゴクガサイクルは今流行りのチェンジザダンテのチャフリュウセイどちらかで動きが止まってしまうのは短所の中でも大きな課題ですね。

かといってズンドコピエロも最大の強みである除去されにくいズンドコが現在の環境では多くのデッキに入っているメメントの影響でかなり使いづらくなっています。

 

 

じゃあ最後にまとめなんですが、こんなに一長一短で比較してて面白いデッキは他にないのでは!?ってくらいお互いに強みと弱みが存在しています。これまで読んでいただいた方には気づいた方もいるかもしれませんが僕はズンドコピエロが好きです!実際にゴクガサイクルには無い強みも持っています!

 

ですが結局は環境にどちらが合っているか次第で、今はメメントの採用率や速いビートダウンのデッキの多さなどから残念ながらゴクガサイクルの方が強くでれるのかなと思います。環境にあるデッキに五分またはそれ以上で戦えるゴクガサイクルと完全に有利不利が分かれているズンドコピエロ。

どちらも回していて面白いデッキですし、使い比べてみると強みや弱みが浮き出てきて楽しいです!

これを期にゴクガサイクルの弱点を補うような構築にしたり、たまにはズンドコピエロを使ってみたり、相手にする場合には何に気を付ければいいのか考えてみてくださいね!

 

殴るデッキを使用する方へ

中途半端にハンド与えない方が良いですよ👍

たまに「えっ…いいの?」って思うときありますよ。

 

 

 

付録1

ゴクガサイクルとズンドコピエロの有利不利

値は勝率

注意:全て体感

 

・ゴクガサイクル

チェンジザダンテ 50%

黒単デスザークor赤黒ドルマゲドン

ズンドコ0枚 10%(ほぼ勝てないと思うけど一応10%)

ズンドコ2枚 30%

ズンドコ3枚 65%

ラッカバスター 60% 相手の引きに左右

赤白轟轟轟 65%

ジャバランガループ 20%

・ズンドコピエロ

チェンジザダンテ 40%

赤黒ドルマゲドン 95%

黒単デスザーク 70%

赤白轟轟轟 10%

ラッカバスター 40%

ジャバランガループ 60%

今思いつくのこれくらいなんで勘弁笑

 

 

付録2

ズンドコピエロレシピ


f:id:arupa-poke:20181113221556j:image

専用パーツが多いので都合良く持ってるかはわかりませんが、興味があれば組んでみてください。

 

 

 

それでは長々と2つのコンボデッキについて書かせていただきましたがこの辺りで終わりにしようと思います。ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

第5回大分CSの振り返り

こんにちはあるぱです!

久しぶりのブログですね!

すっかり存在すらも忘れていたのですが小倉CCで色んな人が書いていて「あ、いいな僕も書きたいな。でもネタが無いな」って思っていたところちょうどいいネタが出来たのでまた書いてみます!

 

今回は第5回大分CS(2ブロック)に参加してきましたのでその対戦を振り返ってみようと思います!っていうかそれだけです!

使用デッキはチェンジザ覇道です

 

これはTwitterで見かけたやつを組んでホントのホントにほんの少しだけいじったやつをそのまま使いました。ですが僕にはまだ数個候補があり、このデッキ選択の裏では僕の様々な葛藤があったんです…。

 

それでは参りましょう

 

候補 その1!

赤白轟轟轟

組もうとしたらパーツがありませんでした!

なのでやむを得ず選択肢から省きました…

(自動車学校でやむを得なければ大抵の事は許されるのは勉強済みです。ちゃんと勉強して偉い!)

 

候補 その2!

黒単デスザーク

これはデッキシート書いてるところでまひろ♪からレシピをボロクソに言われたので泣きながらデッキシートをクシャクシャにしてイナズマに食べさせてあげました

 

候補 その3!

チェンジザ覇道

これが今回握ったデッキですね

最後の候補だったんですがまあ臨機応変に戦えて、2ブロックのデッキの中でも僕が普段使ってるデッキに一番似ていて使いやすかったってのがありますね(殴りますが)

 

そんなこんなでチェンジザ覇道に決定!

僕の葛藤終わり!大会が始まれば弱音を吐いていられません!

 

1回戦目 チェンジザ覇道

まさかのミラー…

僕が環境に入るデッキを基本的に握らない理由の1つが「ミラーが下手くそだから」なんですが初戦でまさかミラーするなんて思いませんよね!

 

まあ感触を確めながらプレイしようとかなりリラックスした状態で挑みました。

(イナズマのフィーチャー卓での公開処刑確定していたので気が楽だったってのもあります)

 

そしたら何かわちゃわちゃして勝ち!まる!

(正直良く覚えてないです!)

 

対戦相手に急かされたのとメモリーで盾見たらこれは負けないだろってくらいクロックが埋まってたことくらいしか覚えてないです!

 

2回戦目 白黒ハンデス

なんとここでフィーチャー卓!

まあ正直ここ最近これっぽっちも結果出していないイナズマがフィーチャーされた時点でこれまでの大分CSの結果を参考にしているのだろうと少し身構えてはいましたが早すぎる…早すぎる公開処刑

 

 

勝ちました

 

公開処刑回避しました

 

なんなら公開処刑しました

 

確か先攻とっちゃってハンド枯らされかけたんですけど、同じくらいお相手のハンドが枯れていましたし、積極的に殴ってこないデッキなのはある程度わかっていたので準備して覇道を数回に渡り投げて勝ちました。この時メモリーで盾を見ていてクロックが埋まっているのが分かっていたのも殴りにいく後押しになったのは確かです!(対戦終わって盾見たら覇道とフレアでクロック埋まって無くて自分が嫌になりましたが…)

 

盾確認が出来ないDMP…

 

そもそも覇道をケアできる札がドラサイサバくらいしかないのに引くわけありませんよ。僕も知ってますよ都合良く盾からドラサイ引かないの。

 

僕だってたまにダンテ使ったりしてるんですよ!

 

盾埋まってないんですよ!!

 

ちなみに動画卓で

「相手のファクピタルにチェンジザの効果を合わせて覇道をばら蒔く超オシャレプレイ見せたろ!」

って思っていましたが全くそんな余裕も無くお祈りしながら盾を殴りに行く自分の姿がそこにはありました…

 

3回戦目 ワンショットジョーカーズ

(kurotoさん)

実力者です

普段全然対戦出来なく普段全然プレイを見ることが出来なく渋々カードプレイスの動画のドロマーハンデスのプレイを繰り返し見るくらいにはプレイヤーとして尊敬している方です。

 

対戦前に話掛けていただいたのに話を膨らませる能力がないので一言、二言交わして対戦へ…

ホントつくづく自分が嫌になります

 

この対戦も勝ちました

kurotoさんがジョラゴン探してるうちにクラッシュ覇道で押しきっただけでデッキパワーで勝てた感じです…今回はそういうのが多い

 

4回戦目 トリガービート

(あおくん)

 

トリガービートですね

予選でチラッと見たときは白黒ハンデスっぽかったので身構えていたら、序盤にスマッポンが見えたのでトリガービートと確信してプレイしました。

 

この試合は相手から積極的に動くことはないので場にクリーチャーを出さずに(出したらサッヴァークで貼り付けられて大変なことになるので)落ち着いてハンドを整えるのを意識しました。

 

んで整ったら1体目のチェンジザ投げ。

 

これはハンドのサッヴァークを誘き出す為ですね。

これで実質の盾からドラサイサッヴァークのケア。

出てきたら1度置換させてチェンジザフレア覇道で処理からお祈り2点!ラッキーナンバー3宣言も忘れずに!

 

追加ターンはサファイアで走ってGG!!

 

正直トリガービートと対戦したらどう動こうかなって脳内想定していた通りに対戦を進めることが出来たので超気持ち良かったです!

 

5戦目 ワンショットジョーカーズ

 

予選全勝をかけた最終戦です

こちらのデッキは序盤から動き続けるようなデッキではないので、シャワーを唱えたくらいでジョラゴン着地、からのガヨウマンハッタン。しっかりとポクチンでフレア覇道のケアもされていました。

しかしこちらの盾が強くて、父なる大地と吸い込むでポクチンとジョラゴンを返してこちらのターン

 

マナチャージして6マナへ

 

マンハッタン効果でこのターンは1体しかクリーチャーを出せないので気を付けなければいけません!なので開始時にはチェンジザフレア覇道の選択肢を切って考えます

(当たり前です)

 

そしてここでめっちゃ考えます

 

1番大事な局面

 

デッキタイプ的にも複数の選択肢があり

 

相手のマナ、手札、盤面

そして

こちらのマナ、手札、からっぽの盤面…

 

1度整理するために盤面に集中…頭を無に…

 

 

そして見つけた1番のプレイ!

こちらの盾の枚数とハンドで作れる打点的にも守ってはいられない!決死の覚悟!

1度呼吸を整え…

 

チェンジザ!フレア!ヘッ…!!

ここでお相手からストップ!

お相手の指を指す先には

 

「「アイアンマンハッタン」」

 

そうでした!すっかり忘れてました!!

頭を無にしたタイミングでこのカードの存在も抹消!そりゃ最初に切った最善手が再び頭に浮かんできますわ!だってもう覚えてないんですもん!

 

めっちゃ恥ずかしいです!

1番気をつけていたのに…!

 

そこから先はもう書く必要もありません…

 

残り2枚の盾から2枚のクロックを引くとかいう引き強でしたがもう…関係ありません…

 

 

対戦後にお相手から

「あるあるだよね」

って言われました

 

僕も!僕もそう思います!

だって!ターン返ってくるまでは覚えていたんですもん!!!

 

「でもやっちゃいけないミスだよね」

 

はい…おっしゃる通りです…

2度としません


そしてその後本当の最善手を話すなどの感想戦を少しして退席

 

 

ここで予選5回戦終了

結果は4-1の2位通過

 

全勝は逃しましたがそもそも予選全勝にはいい思い出が無いので良かったのかもしれません…。

 

蘇る記憶…

初のCS。第1回大分CS。

使用はイメンブーゴで奇跡の予選6-0

2位通過

からの本線1ボツでベスト16

 

初めてのCSで味わうベスト16

何も…何も残らない…

 

こんな思いはしたくないと思いながらCSに出続けている僕に再び訪れた16位あがりの決勝T

これからはそのベスト8か16かをかけた決勝Tへ…!

 

ってところで長くなったので終わります!

大会の振り返りってデッキ解説とかよりも数倍書くの難しいですね!多少面白味が無いと退屈しちゃいますし、ネタに走りすぎて内容が空っぽなのも嫌ですし…。

 

楽しんでいただけたかはわかりませんがやる気があれば決勝Tもこんな感じで書こうかなって思います!やる気があれば!

 

感想とかくれたら嬉しいな

 

それではまたね

 

 

 

 

 

クイーンアマテラスループについて適当に

こんにちはあるぱです。

今回は密かに練ってたクイーンアマテラスのループデッキについての記事を書いていこうかなと思います。
ブログ更新してないしせっかく形にしたんだしちょうどいいから書こっかなーっと…。

つまり自己満とブログのマンネリ化を防ぐってのがこの記事の主な目的になります!


あ、あとデッキの紹介ですね。



んじゃ早速構築です




どーん!!
f:id:arupa-poke:20180612080752j:plain


はい。こんな感じです。
一応環境みて組んだつもりです。

あ、裏面はゴクガロイザーです。




まずこのデッキの強みと弱みを分かりやすく説明しますね

強み

・D2フィールドからループに入るパターンが多いので妨害されにくい
・センノー以外の踏み倒しメタが効かない
・ジャスキルを通させない受け
・パーツが少ない

このくらいですかね。



弱み

・パーツが揃わない時がある
・センノー
・D2入りのコントロール(ハンデスなど)を取りづらい
・センノー
・単騎ラフルル


このくらいです。パーツ揃えばループデッキは勝ちなのでパーツが揃わない時は仕方がないですよね。



あ、後は洗脳センノーがいると回せなくなるところくらいですかね!



次にループに入る盤面です。
これの条件が緩いのも特徴ですね。

場にオールフォーワンとバイケン
墓地にゴクガロイザー
手札にクイーンアマテラス
山札にウェポスorサインと禁術2枚とアゲイン
盾とマナ以外のどこかにホワイトブラックホール

または

場にオールフォーワンとゴクガロイザー
手札にクイーンアマテラス
山札にウェポスorサインと禁術2枚とアゲイン
盾とマナ以外のどこかにホワイトブラックホール
です。

ちなみに禁術1枚とアゲインは墓地に落ちていてもループに入ります。何が言いたいかはわかると思うので深くは掘り下げませんが…。
他にもありますが1番早く出来る盤面はこれかなと思います。

簡単ですよね。この盤面を作ることが出来れば勝ちです。やった!



そしてこの盤面を作りやすくするカードとして今回採用しているのがこのジェリフィというカードです。
f:id:arupa-poke:20180612082957j:plain

これの仕事が結構スゴいんですよ!

盾から出てきたときが1番仕事します



盾割られてこれがトリガーした際に手札からアゲインやゴクガロイザーなどのループパーツを落としながらバイケンを着地させれるんです!んでおまけとしてその数相手クリーチャーの動きを止めれます。

後はオールフォーワン張ってバイケン破壊してクイーンアマテラスを着地させれば終わりです。簡単ですよね!


そいじゃ最後に採用カード数枚の説明をしますね


・エマージェンシータイフーン

もちろんメインは序盤のハンド交換ですが、もう1つの役割として山札を削らずに手札を捨てれるという事で採用しています。ホワイトブラックホールが盾落ちした際に、アゲインループした後メモリーでブライゼを引っ張ってこれで落とします。これによって事故率を最小限に抑えながら盾落ちケア出来るんですよね。


・ウィザードチャージャー

ボンチャは色が確保出来ず使えない可能性があるのと極力禁術や蘇生呪文は墓地に落としたくないので、その辺をボトムに沈められるチャージャーとして採用しています。
これによって先攻をとれば3ターン目バスターにもオールフォーワンが間に合います。


・ウェポスグレイブ

ルソーモンテスはクイーンアマテラスで引っ張ってこれないので、事故る可能性がありますが仕方なくこのカードでゴクガロイザーを蘇生します。


・バイケン
相手の攻撃をエマタイorサイバーチューンorジェリフィまたは唱える呪文によっては禁術で防ぎながらオールフォーワンでクイアマを出す元になるカードです。呪文から出せば単騎も貫通するのでスゴいですよね。ざまぁみろ単騎。


・クイーンアマテラス3枚

クリスタルメモリーがあるので妥協してます。
正直もっと枠が欲しいです。


ループの手順などはスゴく簡単で多少調べればいくらでも出てくると思うので今回は構築についてだらだらと書かせていただきました。
自発でループさせる際は相手によってゴクガロイザーかオールフォーワンのどちらを先に建てるか考えて下さいね。


以上です。
これ以上に強い構築もゴロゴロ転がってると思うので探してみて下さい。



最後まで付き合っていただきありがとうございました!また唐突にブログ書くかもしれませんのでその時はまたよろしくお願いします。



ではでは~!

暇なんでチームPETのメンバー紹介

こんにちはあるぱです
今回は僕が所属してるチームPETという謎の無名組織のメンバーを適当に紹介していこうと思います。


・チームPETとはなんぞ?
簡単に言うと仲良しグループです。正直それだけ。チームって名乗ることでより団結力が生まれるかなー程度の気持ちで作っただけです。たまに情報交換や構築の相談したりなどもしています。一人を除いてはどいつもこいつもテンプレを握れないプレイヤーばかりで常に構築に異物が混入してる。主に大分のカードショップに出没します。




・メンバー紹介


あるぱ/2代目みそおでん

一応チームリーダーって感じです。あと連中のデッキシートを書いたりする書記も担当。一人だけ歳上で良く出会うことが出来たなぁ…と。
ループなどを好んで使いますが他に質のいいのを組むのがいるので担当って感じじゃないです。
よって担当はイメンブーゴ。と、雑用。


ジブリ

最初にチームとか組めたら面白くね?って言ったのは確かこの人。今はDMと少し距離をとってるけどハンデスにおいてはこのチームで右に出るものはいなく店舗大会の優勝回数も多い。メンバーからの信頼も厚くジブにぃがハンデスで勝つだけでチーム全体の士気が上がる。
担当はもちろんハンデス


ダニエル

環境外を好んで使うが「バスターの人」で名が通っちゃってるプレイヤー。ただチーム内での色んなデッキ案は基本これから。プレイングも凄まじく一度したプレイを流れるように巻き戻す(最近気を付けてるらしい)。ろくに殴らない。常に金欠。
担当は主にループやロック


イナズマ/イナイレ

チームのアイドル。環境には入らないであろうファンデッキを量産するプレイヤー。そのいきすぎたファンデッキとして生み出されたのが白緑メタリカ。でもCSの参加回数はチーム2番目と遠征も良くするガチプレイヤー。
担当はファンデッキ


ひっきー

テンプレ大好き。チームのいじられ役。結果残した構築に絶対の信頼を寄せる環境を追う者。今はどんなデッキを組んでいるのか知らないけど基本はどこかの構築そのまんま。口は悪いけど何だかんだで仲間思いな結構いい子。
担当は環境デッキ


クマノミちゃん/みそおでん

チームのムードメーカー。かなり前からDMをしているため知識が膨大で色々なデッキの動きを把握している。その上で環境に合いそうなデッキを握ったりしているが1番は5cコントロール。常に形を変えながら5cを使い続ける。
担当はもちろん5cコントロール

※ここでの担当はこの分野に関しては絶対の信頼を置けるという意味(ひっきーを除く)





ちなみにメンバーはお守りとして全員このスパルタンJをCSなどでは持ち歩いています
f:id:arupa-poke:20180527103651j:plain


不思議な事に皆で持っておくと愛着湧くんですよね
なのでこのカードをレシピに添えながら写真撮ってる変人いたら多分PETの人なので声かけてね






この内容はメンバーには無許可だけど怒られても謝れば多分許してくれるから大丈夫!

それぞれのメンバーの紹介をただするだけの正直誰得な内容になっちゃったけど、メンバーと会ったことある人とかにとっては面白いんじゃないかなとは思いますね笑
こんな感じのチームって程でもない緩いグループですが今後ともよろしくお願いします!




ではでは…

ザウラクロックの構築について…

こんにちはあるぱです
お久しぶりですね
前回のブログにはザウラクロックの構築についてはこれっぽっちも…ではないですがほぼほぼ触れてなかったので今回はその辺について書いていきますね


はい構築です皆さん見飽きましたよね
f:id:arupa-poke:20180502130628j:plain



見飽きたって何ですか!僕は見飽きないです



では構築の紹介と解説にいきますよ
長いです。覚悟は出来ていますか?









フェアリーライフ×4
初動です。最悪3ターン目でもズンドコまで繋がります。ワルスラの2点でトリガーすればそのままズンドコまで繋げれるのでボアロとのシナジーより優先してこの枚数の採用です。

ジャスミン×2
初動です。スズランとは違いズンドコあるとその場で2マナ稼ぎザウラク効果誘発できるのでジャスミンを採用しました。

デスマッチビートル×2
どうなんでしょうねこれ。墓地ソ、成長ダンテ、剣想定です。タンポポを入れてましたがカマスは痛くないですし、ジョーカーズ対策!と言っても焼け石に水なのでこちらを採用です。不利を微不利、微不利を五分くらいにまで持っていけるので間違ってはないと思っています。

クロック×2
最強です。トリガーよりパゴスから。サルトビバイケンからサルトビバウンスしマナからクロック。次のターンタップ中のクリーチャーにクロック特攻からまたサルトビクロックで数ターンもちます。盤面には触れることが出来ないのでロック決まるまでに出てたクリーチャーはこれで対応。

ハヤブサマル×1
忍びの枚数増やすため。カマスのジャスキル防ぎながらカマス消せるので強いですね。

パクリオ×4
これないと不安で不安で仕方ないです。ダイスやバイケン、バスターのハッピーセットから1枚、その他諸々好きなのを引っこ抜きましょう。

ドンドン吸い込むナウ×3
ずっとピン投でしたが出世しました。ズンドコサーチとパクリオの使い回しが主です。これを盾から引くのとサルトビを盾から引くのはほとんど同じことだと思ったのでサルトビ妥協してこの枠を割きました。

サルトビジャイアント×3
NS5なのでズンドコ張った後、一回素でNSするだけで7マナ(イメンのコスト)まで繋がる最強カードです。サルトビバイケン、マナからクロックなど出来ることの幅を大きく広げた1枚です。山1枚の時にこれで引けるのも強いですね。

ズンドコ晴れ舞台×4
キーカード。いかに死にそうでもこれを張ります。このスイッチからイメンとザウラクを出し2枚ドローと2枚ハンデスからターンを開始するパターンが一番多く強いです。状況によっては5マナの状態でパクリオやザウラクを出すことも…。

ザウラクディス×4
キーカード。置いてるだけで置きドロー。イメンがあればハンデスも出来ます。

テラフォーム×2
ロックにかけるためのカード。早めに引いても腐ることが多いので2枚です。腐るとは言っても相手のデッキによっては必要パーツがマナに落ちるまでマナ増やせるのは強い。

バイケン×3
ハンデスケア。サルトビバイケン。シャコから出て敵クリバウンスからズンドコブーストザウラクハンデスによる除去。などなど意外と仕事多いです。ただトップで腐ります。3枚!

龍覇 イメン=ブーゴ
あぁ…カッコいいよぉ…。大好き!大好き!
この子がいないと始まらない!
あぁ…カッコいいよぉ…。大好き!大好き!

シャコ貝×2
置いとけば勝ってます。
マナ落ちはヴェロキボアロスっていうパゴスのもう一個上のやつかズンドコから出しましょう。イメンの次に強いカードです。イメンの方が強いです。調子に乗るなよ。

超次元は簡単に
ボアロアックス
イメンの武器です。このデッキ使ってると2つ目欲しくなります。リスのではないですイメンの武器です。

ジュラピル
シャコマナ落ちもしくはハンデスによりリソース枯らされたときのキーカードです。主に仕事するのは3つ目のジュランクルーガ。

グリーネ
ごくごく希に相手の手札を叩き落とすのに使います。

ファンパイ
これとボアロがあるとグラスパーだと思われて面白いです。それはそれは面白いです。

ハラグロフェスティバル
ル=ピラッジュの下位互換。墳墓避けって事になってます。ジュラピルを入れましょう。
残り2枚は割愛

どうでしたか?何となくどの様なデッキかは想像していただけましたでしょうか?
個人的にはかなり完成形に近い構築だと思ってて満足しちゃってます。はい。

とりあえず思い付く限り書き込んだ感じですが最後まで読んでいただきありがとうございました

また僕の気が向いた時に書くブログを皆さんの気が向いた時に読んでいただけると嬉しいです

ではでは…

福岡CS使用のイメンザウラクロック

こんにちはあるぱです
ブログなんて書くの初めてだし緊張しますねー
今回は福岡csでbest8になったイメンを使用したザウラクロックについて書いていこうかなと思っています。「そんな事よりあの変なロージアについて説明してくれ!」と、思うかもしれませんが嫌です。

今回使用したザウラクロックの構築はこれです
f:id:arupa-poke:20180502103007j:plain

ではなぜこれを握ったかについてですね

1つ目は
「勝てそうなデッキが1つも無かった」からです
まあこれが一番大きくてですね今の所持デッキにアナシャコやドロマーロージアもあるのですがミラーが下手なので最も使い慣れたデッキを握った方がいいかと思いました。
2つ目は
ジョーカーズが少ないと思った」からです
ジョーカーズが少ないと思ったのはGPの結果から
ジョーカーズだけが本当に重くてジョーカーズだけがキツくてジョーカーズには手も足も出なくてジョーカーズには死んで欲しくてジョーカーズは嫌いです嫌だ。
3つ目はほとんど2つ目と同じなんですが
「環境にあるコントロールデッキのほとんどに勝てる自信があった」からです
アナシャコや卍など近くに握ってるプレイヤーがいなかったので脳内想定に過ぎなかったのですが負ける気がしませんでした。ロージアは無理です。
と、まあ以上の理由で握りました。
結局は母数3番目のジョーカーズにbest8でわからされたんですが…笑

あ、戦績はこんな感じです
f:id:arupa-poke:20180502104557p:plain
もうねTwitterにあげた画像まんまです
ちなみに赤単ビートジョッキーには引き殺されてるので正しくはトータル7-5です単騎も無理何でほいほい引くのさ
スゴい負けてる感じしますが最後のジョーカーズ含めなかったら7-3なので許してくれますよね?

と、まあこんな感じですね

構築についても特に言うことは無いです
ちょっと前までタンポポを入れていましたが今回は成長ダンテを含めた各種踏み倒しデッキにワンチャン作るためにデスマッチ。そして魔道具やロージアのトップ解決をケアする為にテラフォームを入れました。(テラフォの枠はジャスミンとサルトビから1枠ずつ)

以上です。
何かあればコメント下さい。

また僕の気が向いた時に書くブログを皆さんの気が向いた時に読んでいただけると嬉しいです。

ではでは…