ラ・ズーネヨマ・パンツァーというカード

皆さんこんにちは

カップ焼きそばはペヤングか一平ちゃんかでいうと一平ちゃん派。あるぱです。



とは言ってもそもそもカップ焼きそば自体あまり食べないので、どちらが好きかというよりこれまでどちらを多く食してきたかって感じなんですけどね。


ところでカップ焼きそばを作る際、お湯を注ぐ前に備え付けのソースを掛けてしまった経験ってありませんか?僕は中学生くらいの頃にカップ麺の感覚でやってしまったことがあります。


あるあるですよね?



そうですよね??


んでその時一緒に居た家族に「バカじゃないの?笑」ってからかわれたんですけど、まだそのくらいの年頃って何でも自分だけで出来ると思いがちじゃないですか。

なのでそれに対して「バカじゃねぇし!」みたいに怒っちゃった過去があります。面白味のない…。


もし、今そんな事言われたら


「薄味の方が好きなんだよ笑」
とか


「クックックッ、バレてしまっては仕方がない…。このカップ焼きそばは私がいただくとしよう!」
みたいな


多少はユーモアのある返しが出来そうなものなんですけどね笑。
そんな事で怒っちゃうってやっぱり昔の自分ってバカだなぁと思いますよね。










バカじゃねぇし!!


はい。



それはそうともう1つ。カップ焼きそばに備え付けられているものと言えばマヨネーズ!何にでも合う万能なドレッシングですよね!



しかし、このマヨネーズ。
実はデュエルマスターズにも登場したのを皆さんはご存じですか?

その名も「ラ・ズーネヨマ・パンツァー」!

これは2019年1月26日に発売された
「夢の最&強!!ツインパクト超No.1パック」
に収録されている自然のカードです。

名前はマヨネーズを反対から読んでいて、僕はもうこの名前を何度も口に出しているので、友人から「マヨネーズを反対から読んで」と、突然言われても「ラ・ズーネヨマ・パンツァー」と瞬時に答えることが出来るでしょう!




それでは今日はこのマヨネーズパンツァーについて色々書いていこうかなと思います!


気になるマヨネーズの画像はこちら

f:id:arupa-poke:20190216104120j:plain



いやもうもろにマヨネーズだし!




何か出ちゃってるし!


あ、でも人参かわいい。


そんなマヨネーズと僕との出会いは新弾のカードリストを見ているときでした。
僕はいつもの如くコスト5以下の全文明のクリーチャーに目を通していました。
その時、目に入ったのは逆転のオーロラを内蔵したコスト4のクリーチャー。
それを見た僕はまず最初に、自分のオーロラコレクションが使い物にならなくなる悲しさで一杯でしたが、上の効果を見て驚愕しました。驚くほどに強かったのです。

それではマヨネーズの効果を見てみましょう。


まずはコスト4のグランセクト

パワーは12000です。
恐らくこの12000はミスでしょう。
実際は1200くらいです。0足しちゃった。



次にガードマン。
どうやらガードマンを持っているみたいですが、これもミスでしょう。
きっと「このクリーチャーはバトルゾーンに出すときタップして置く」と書きたかったんでしょう。




このクリーチャーは相手プレイヤーを攻撃できない。
まあミスでしょうね。きっと「相手プレイヤーを」という部分は年越して気分が舞い上がった時に誤って付けられたのでしょう。



そして最後。
自分のシールドゾーンからカードが離れたとき、山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。
これもミスじゃないのかなって思いますね。多分オーロラと合わせて使われることを想定していると思うので、これは「自分のシールドゾーンからカードがマナゾーンに置かれたとき、山札の上から1枚目をマナゾーンに置く」だと思います。



いやーこのカード
エラー多いな!!!



なので実際は
コスト4の自然のクリーチャー
パワーは1200くらい、バトルゾーンに出たときタップして置くアタック出来ないクリーチャーで、シールドゾーンからカードがマナゾーンに置かれたとき、山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

という効果を持ったクリーチャーですので、皆さんも使用する際は十分にお気をつけください!






って、言いたくなるくらい強いんですよ!



では具体的にどのような点が強いのか
に、ついてなのですが…

まずは逆転のオーロラにクリーチャーが付いた点。

これによって色々な効果に引っ掛かるのですから、これだけでもデッキに採用する価値があります。
僕が良く使うカードだけでもクリーチャーになったことにより

ギガホーン
トレジャーマップ
エスカルデン
未来設計図
ディスピエロのSC緑


そしてツインパクトになったことにより

インパクトマップ


で、「逆転のオーロラ」を回収することが出来るようになりました。
基本的に自然文明は呪文の回収には頭を悩ませる事が多いのですが、その問題が解消された訳です。

こういうカードを使うデッキはコンボデッキやループデッキが多く、元々それらのコンボパーツを探すために採用されているカードで逆転のオーロラまでアクセス出来るというのは非常に大きいです。
それとヴォルグを止めることも出来ますね。ヴォルグが殿堂入りしているのでそこまで影響は無いでしょうが、それでも対戦結果を左右しかねません。



そして上としても十分な仕事が出来る点。

上はバトルゾーンに出すだけで、シールドをブレイクされたり、盾を回収したりするとマナが増えます。NoDataやエメラルーダ等々。
スカイソード君涙目です。

コンボデッキやループデッキとしてマナが増えるに越したことは無いので、非常にありがたいです。
そして場に出したコンボパーツはガードマンで守ってくれます。マッハファイター等々。

パワーは12000と高く基本的にビートしてくるデッキに破壊はされません。恐らくフレア覇道またはジャックアルカディアスくらいでしょう。

そして次の新環境では3ターン目くらいに、ジャスキルを作れるデッキは無さそうで刻んできたクリーチャーを12000というパワーで上から殴り返す事が出来ます。GTも相討ちにもっていけるパワー!



何これヤバい!!!!!!!!!



いやもうすんごいヤバい!!!!!!!!





これはこれまで逆転のオーロラを1枚積んでいたデッキのオーロラの1枠をこれに変えるだけでは勿体無い性能だと思います!
まずは4枚!
そこから多すぎるかどうかで調整してもいい部類のカードだと思うんです!

確かにビートダウン以外の相手にはあまり仕事をしませんが、そういう時はマナに置いちゃえばいいんです。

知ってます?
赤白轟轟轟を使用していて、手札にヘブンズフォースが2枚きて持て余した時も、1枚をマナに置けば解決するんですよ。

天才!!!



何も強いからどの対面にも出していけって訳ではないんです。


元々そういうコンボデッキやループデッキはコントロールするようなデッキは得意なので慌てる必要なんて無いと思いますよ。



それとこのマヨネーズを出してから、オーロラを使えばマナに送った枚数の倍、マナが増えます。
最速4ターン目バラギアラループが見えますね!
大興奮!
やらないけど…。




というわけで今回はクリーチャーが付くことで回収しやすいオーロラであり、システムクリーチャーとして出しても仕事をしてくれるマヨネーズの紹介をさせていただきました!

これからの自然のコンボデッキやループデッキにはとりあえず入れたら仕事してくれそうな、そんな食用と同じで万能なマヨネーズ君には超期待です!

他にも書きたいことあったような気がするけど忘れちゃったのでいいです!
思い出したら書き足すかも!?




それでは皆さんもマヨネーズで色々試してみてください!拙い文章でしたがここまで読んでくださりありがとうございました!






また僕の気が向いた時に書くブログを皆さんの気が向いた時に読んでいただけると嬉しいです



ではでは!










僕と最強ジョーカーズ

皆さんこんにちはあるぱです

 

今回は2月9日(土)に開催された小倉CCについて書いていこうかなと思います!

 

ところで話は変わりますが昨日お腹が空いたのでお菓子を買おう!という個人的ナイスアイデアによってコンビニに足を運び、その時の気分と後々の気分で食べたくなるであろうお菓子を厳選し購入しようとした際、合計金額356円に対して1055円を支払う謎プレイをかましてしまったんですね。

本当は1006円支払いたかったんですけどね…。

 

店員さんも

「1055円お預かりしまーす」

「699円のお返しになりまーす」

とか言ってて…

 

 

 

なんも思わないんかい!

何かおかしいと思わないんかい!

ちょっとは考えてくれ!

って思っちゃいました。

いや自分のミスなんですけど笑

 

前に6○○円の会計時に11○○円支払ったら

合計金額と照合し少し考え

「あ、100円はいらないですよ!」

って返してくれた店員さんもいたのに…

 

 

いやそれは気づいて!

大人しく受け取って!

 

 

と、まあガリュザークがいるのにやみくもにマナを使って、勝手に自分の行動を制限しちゃったみたいな謎プレイをしてしまったという話でした!

 

では!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ?まだ本題に入ってないような気がしますね

 

 

何の話でしたっけ?

じゃがりこの味についてでしたっけ?

 

そうそう

じゃがりこって食感も良いですし、袋菓子じゃないので手が汚れないし、片手間に食べれるし、塩加減はいいし、味の種類もそこそこあるけど大きく変化するわけではないのでその日のちょっとした気分によって変えれるしで…凄いお菓子ですよね。

気づけばいつも買っちゃいます!

 

 

あれ?違いましたっけ?

 

 

あ、そうだ!

 

スコーンだスコーン!

スコーンのバーベキュー味!

 

 

僕あれも好きなんですよね!

 

味が濃いのでそんなに頻繁に食べるわけではありませんが、無性に食べたくなりもうスコーンとスプライトの事しか考えられなくなる時があるんですよね~!

 

あ、そうだスプライトだ!

 

これもお菓子を食べるときには是非とも買っておきたいアイテムの1つですね!三ツ矢サイダーも良いのですがスプライトの方が後味が好きなんでスプライト派です!

お菓子を食べる上では欠かせない…

コーラかスプライト!って感じ

 

 

DMで例えると

受けるためのサイバーダイスベガスみたいな感じ

ジョーカーズのジョラゴンみたいな

これが無いと!って感じのアイテムです!

 

 

ん?ジョーカーズのジョラゴン…

 

 

あ、そういえばこの前

そう!ジョーカーズで思い出しましたが、2月の9日に開かれた小倉CC!

そのお話もこの際なんでやっちゃおうかなって思います!

 

2月9日にこちらでは小倉CC(チャレンジカップ)が開かれたので参加してきました!

 

この大会は予選五回戦で、本戦には16名進むことができ、その16名で決勝トーナメントを行い優勝者を決めるという形になります。

更にその決勝トーナメントはダブルイリミネーションとなり、1度負けるとwinnerサイドからloserサイドへと移り、loserサイドで負けると敗退が決まるというシステムです。

 

 

そんなこんなで僕の今期最後のCSは始まりました。


f:id:arupa-poke:20190210115512j:image

使用デッキは見ての通りですね

そうですね。ユウキとアスナが可愛いですね。

 

あ、そうそうこのプレイマットはですね!幕張メッセで行われたGPで…

っと止めておきましょう

これ以上の脱線はウザがられます。

 

予選 1回戦目 黒単デスザーク

僕は魂フエミドロを引く天才で、あとじゃんけんにも勝てる天才なので先攻3ターン目に魂フエミドロを唱えて、グリペイジでクロックを抜かせながらチェンジザ着地。

 

このチェンジザでラッキーナンバー4でヴォ○○を止めますが、ドゥポイズで処理。

でも処理札を切ったところで達閃を出し、あとは達閃強い!って感じでした。

 

黒単デスザーク ○

 

 

2回戦目 赤白轟轟轟

僕はじゃんけんに勝てる天s…

後攻から始まり少し雰囲気怪しめ

ですが初手のマナ置きで轟轟轟だとわかったのでとりあえずミクセルを置こうと白マナを用意したところで、ヘブフォサグラダG突轟轟轟!

からの轟轟轟2点!

 

そしたらペロッとスーパーエターナルスパークが捲れて少し考え…

実際は考える必要なんて無いんですけどバかなので考えます。っていうのも残りの盾は3枚なのでG突轟轟轟でもサグラダ轟轟轟でも殴れる枚数は変わらないんですよ。なんでメタを張れるサグラダ一択なんですよ笑

んでサグラダ。

 

返しにミクセル

 

次お相手ノーアクションからG突2点

デンジャデオン、レディバ

いやー僕は盾からトリガー引く天才なんで!

トラップ黙示録で轟轟轟、レディバでG突。

まあここも細かくいえばプレミなんですよね。

レディバは場に残ってもこれっぽっちも仕事しないので、まだ轟轟轟とバトルさせて回収出来る可能性のある墓地に落としておいた方がいいって事ですね。はい。

そして次のターンは魂フエミドロ。

お相手ここが弱ければまだ勝機はある…。

しかし…

 

ゴルドーザ!

 

 

 

そうか…。やはり轟轟轟。

僕の前に立ちはだかるのはいつも轟轟轟。

しかし僕は轢かれ慣れている。この痛みに慣れてしまっているのだ…。

さあ、いつもの様に轢いて最後まで走りきるといいさ…

 

 

 

ラス盾デンジャデオン!

 

 

 

 

と、言うとでも思ったら…

大間違いだぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!

 

手のひらクルンクルン

ゴルドーザマナ送り。

 

後はチェンジザラッキーナンバーで恐らく構築的に1番上から引く可能性のあるSAはS-駆だろうということで1宣言。

 

それからナチュラルゴデンジャデオンで盤面作り。

 

赤白轟轟轟 ○

 

3回戦目 白t青メタリカ

あれですね。デュオコマンドーとかが入っててそこにクロックが入ってるやつです。

まず僕は先攻をとり魂フエミドロを引く天才なので、お相手2ターン目クリスタの後、魂フエミドロ。正直この対面はタスリクもあるので先攻とらないとお話になりません。

次のターンにオーリリアからクリスタ一点。

でもレディバ

言ったじゃないですか僕は盾からトリガー引く天才だって。

オーリリア処理からチェンジザラッキーナンバー4。

これもオーリリアやバーナインがいるのでほぼ一択ですね。お相手としては小さいメタリカもバーナイン出すまではある程度ハンドに抱えておきたいでしょうし。

んで次のターンに達閃、動きを止めてからはチェンジザスーパーエターナルスパークで2体盾に送ったり色々して完全にコントロールして攻めました。

先攻取ったのが全てです。

 

白t青メタリカ

 

4回戦目 赤白轟轟轟

今回僕の使ったデッキのスリーブは東方のキャラクターである「フランドール・スカーレット」のスリーブだったのですが、お相手のスリーブはその姉の「レミリア・スカーレット」だったんですよね。

対戦前それについて少し対戦相手とお話ししてから始まる姉妹対決!

 

まあとは言ってもやはり僕は先攻を取る天s…

いやここでも後攻スタート…

 

で、何かされたけど盾から何かして、それから何かされるも何とかコントロールしたかと思えばもうあぁ凄い!

 

赤白轟轟轟(姉妹対決) ○

すみませんあまり覚えていません。

 

5回戦目 緑単轟破天

さあ早くも予選最終戦です。

隣の全勝卓では我らがどっきーさんと咲久耶さん。咲久耶さんはいっつもいる。

んで僕の向かいには古賀さん。

いや圧が凄い。僕の大好きなあのバルチュリス宣言の方ですね。

これからデュエルマスターズというカードゲームで勝敗を分ける訳なのですが、こんなの胸ぐら掴まれて「降りろ」って言われた方が早いです。即降参。サレンダーです。

まあ実際はめちゃくちゃ優しかったんですけどね!

 

とりあえず僕は先攻をとり魂フエミドロを引く天才なので3ターン目のそこまで動きます。最早予定調和。

古賀さんは豆。

次にチェンジザラッキーナンバー。

チャフがあったのですが何となくミノガミが怖かったので、チェンジザが確実に残りそうな5を宣言。

次のターン古賀さんは豆から豆回収して豆。

まあ節分でしたしね。

非常にタイムリーな動きだなぁ…と。

次にデンジャデオン出してチェンジザアタック時にチャフとマクスカルゴトラップで場作り。

古賀さんはナチュラルゴからレンコンココでナチュラルゴはデンジャデオンで。これはデンジャデオン効果でナチュラルトラップでナチュラルゴマナへ…。

って何これ!ゲシュタルト崩壊起こすわ!

後はチェンジザアタック時にラッキーナンバーで8と万が一返されたときの為に10を宣言してダイレクト。

 

緑単轟破天 ○

 

予選5-0の全勝で突破!

素晴らしい!予選全勝!

どっきーさんも予選全勝!おめでたい!

 

ですが皆さんご存じですか…?

予選全勝の恐怖を。

予選全勝は本戦で1ボツ。つまりベスト16で終わるというジンクスがあるというのを…。

僕がそんなジンクスがあるという噂を初めて体験したのは忘れもしない初めての大分CS。

まあ意外とそこまで多い事例では無い可能性もあるんですけどね。ただ予選全勝だっただけに本戦1ボツのダメージが普段より大きくて印象に残りやすいだけとか…。

とりあえずそんな話をしながらお昼休みへ。

 

余談ですがお昼休み前の予選通過者発表の際

「1位はどっきー選手」

そう同じ予選全勝でもどっきーさんが1位。

僕は絶対にどっきーさんには勝てない笑

あ、大分CSの時も全勝で予選2位でしたね。いや別に深い意味は無いですけどね。

「2位はあるぱさん」

 

!?

 

どっきー「選手」

あるぱ「さん」

 

あれ?

どっきーさんいつの間にプロになったんですか?

いやはやこれはおめでたい!

これからはどっきープロって呼ばないといけなくなりますね。

 

 

 

 

話は戻ります。

お昼休みはどっきーさんと後輩君と一緒に近くの食堂へ。次の新殿堂で僕が使おうとしているデッキについて熱弁しどっきーさんの食事をこれでもかというくらい阻害して、

 

いざ決勝トーナメントへ!

 

 

決勝トーナメントは先程も記述した通り、ダブルイリミネーションとなり、1度負けてもチャンスはあります。

しかし初戦で負けると2連勝を要求されることになり、精神的にはかなり辛くなるので何としても初戦は勝ちたいところです!

 

1回戦目 赤青覇道

1回戦目が始まる前のデッキカットの時にお相手のスリーブがこのすば!に出てくるめぐみんのスリーブだったので、環境にあるデッキでめぐみんのイメージに当てはまりそうなデッキは覇道かなーとか思っていたら本当に赤青覇道だったので驚きました笑

たまにはお相手のスリーブからデッキタイプを想像してみるのもいいものですね。

 

 

対戦内容は正直覚えていませんが、チャフとラッキーナンバーでフレア覇道の動きを抑えながら動いて勝ちです。

本当は20分ある制限時間が残り時間5分を切るほど長引いたのですが、長くて書くの面倒ですしそこまで完璧には覚えてないですしで省きます。

 

 

赤青覇道 ○

 

個人的には場に並んだミノミーとオニカマスをディールでハンドに戻しながらチェンジザでシールドをブレイクすることで、相手にハンドを与えてハンドを消費しにくくさせたのは良かったのかなって思いました。フレアはラッキーナンバーで止めています。

ただお相手からプレイを速める様に促された際、僕も自覚していたのもあり被せるように「あ、はいすみません」と返事したのは我ながら感じ悪かったなと反省しています。

 

2回戦目 ジョラゴンジョーカーズ

 

さあきました。今回のCC優勝候補筆頭の最強ジョーカーズ。せいがさんをヤッタレニヤリーからヤッタレパーリパーリポクチンジョラゴン画用紙で倒し、咲久耶さんもヤッタレニヤリーヤッタレパーリジョラゴンで倒した最強ジョーカーズです!

 

まあしかし僕も先攻を取る天才ですs…

じゃんけん負けて後攻スタート。

 

 

1ターン目ジョジョジョジョーカーズ

2ターン目ヤッタレニヤリー

3ターン目ヤッタレパーリパーリポクチン

4ターン目ジョラゴンジョラゴンアタック時画用紙スロットからジョラゴン着地2体目アタック時トップドローそのまま捨ててスロットマンハッタンバイナラってもういいよ!!!!

 

 

 

負ーーーーーーーけ!!!!!

 

 

 

勝てるわけあるかいな!そんなの!!

 

ジョラゴンジョーカーズ ×

 

 

遂に負けてしまいloserサイドへ…

決勝トーナメントの初戦は勝ちましたがまだベスト8が決まっていない僕は崖っぷちに立たされてしまいました。

 

 

そんな中既にloserサイドにいたどっきーさんがジョラゴンjoeの入っているジョラゴンジョーカーズに劣性を強いられていて、他の全対戦は終了していましたがloserサイドに落ちた僕の対戦相手はまだ決まっていませんでした。

つまりこの勝者が僕の相手。

不利対面のジョラゴンかCSで絶対に勝つことが出来ないどっきーさんか…。

 

 

しかし新世壊が要である青魔道具を使用するどっきーさんはジョラゴンjoeに屈しベスト16。

そして僕の対面はジョラゴンジョーカーズです。

 

またお前か!って感じです。

 

 

ここで勝たなければならないという状況での不利対面ジョラゴンジョーカーズ。

 

3回戦目 ジョラゴンジョーカーズ

 

とはいっても対戦相手は変わりませんのでとりあえず先攻を取り2ターン目にミクセルを置いて3ターン目に魂フエミドロ。天才ですので。

そしてお相手の3ターン目。

 

7777777!

 

 

!?

 

僕の場にはミクセル1体。

正直このカードは次に着地するであろうチェンジザにとっておいた方が良いのですが、3ターン目に…しかもミクセルをとばすために使ってきました!

しかも飛ばなかった!

 

安定してチェンジザが出せるようになったのでチェンジザ着地。唱える呪文は無かったもののこれがデカい!

 

お相手はパーリを出して終了。

 

 

次のターンにチェンジザ2体目から魂フエミドロ2連続でマナを伸ばし、最後はマナからデンジャデオンを2体回収して1体出し、エスカルデンでディールを持ってきて、チェンジザアタック時にラッキーナンバーで3と8宣言からトラップ黙示録で盾を飛ばし、

チェンジザチェンジザミクセルでちょうどジャスキル!

 

 

ジョラゴンジョーカーズ ○

 

 

ベスト8!

 

 

対戦後にお相手から

「あそこでミクセル飛ばせなかったのが…」

と、言われたのですが

 

 

ちょっとそれは反応に困るから止めて!

って感じでしたね笑

 

 

 

4回戦目 緑単轟破天

ここでまた古賀さん。

お互い相手のデッキは分かっているもの同士!

あとスリーブ入れ替えた者同士!

あ、これは関係ないのかそうかそうか…。

 

とりあえず天才の僕が先攻3ターン目魂フエミドロからスタート。

古賀さんはこれまた先ほど同様豆スタート。

 

あれ?見覚えある…凄く見覚えのある展開だ!

 

そこからチェンジザ。

先ほどと違うのはここでチャフ

何かミノガミ入ってないみたいだし!

そして動きが鈍くなったところで打点を並べて、ラッキーナンバー8と10!

本当に1本目と同じような試合展開で勝ちました。

 

緑単轟破天 ○

 

 

しかしこちらはloserサイド。

1本勝ってもまだベスト4では無いのです。

今の僕の立ち位置はベスト6。つまるところベスト8なのです。

そして対戦相手はwinnerサイドの敗者。

相手になるであろう対戦を見ておこう…って最強ジョーカーズと赤青覇道じゃないか!笑

 

お願いだから最強ジョーカーズ勝ってください落ちてこないでお願いします!

 

しかし如何に最強といえど、不利対面をまくることは出来なかったみたいで敗北。

いや何か盾から7777777を2枚くらいめくってましたけどまあ有利不利を覆す要因にはならなかったみたいですね。

え?本当に?

 

 

それでは参りましょう

本日2度目!

お相手は本日の優勝候補筆頭!最強ジョーカーズ!

そして不利対面!

とは言っているものの普通にプレイングも上手いので本当に困ったものです。超厄介!

 

5回戦目 最強ジョーカーズ

 

まずはお相手先攻のジョジョジョジョーカーズ…

ってあれ?僕の先攻は!?

回収は7777777。

この時点でこちらに対してのプレイが分かっている様な気はしますよね。あぁ超厄介。

2ターン目ヤッタレ。

僕はミクセル。

この僕はミクセルっていうのは別にこのタイミングで自己紹介をしている訳ではなく、僕がプレイしたカードを挙げているんですよね。これが。

 

3ターン目パーリ。

こちら魂フエミドロ。

あ、このこちら魂フエミドロというのは、別に知り合いに対して隣にいる魂フエミドロの紹介をしているという訳ではなく、僕がプレイしたカードを挙げているんですよね。これが。

 

そして画用紙。

正直もう見るのも辛いよこのカード。

 

ここで一句

 

正直ね

見るのも辛いよ

このカード

 

そしてこちらはチェンジザ。

もう触れません。

 

ここで僕はラッキーナンバーを唱えました。

この時ミクセルが場にいるためそちらでジョラゴン、ラッキーナンバーで7777777を止めた方がいいと思ったのですが、結局パーリを持っていたらジョラゴン出されてしまうので、致し方なく7を宣言。

しかし正直ここでは3を宣言して少しでもチェンジザが残り得るルートを取った方が正しかったのかなと思います。

だってこのターン止めても結局チェンジザが居なくなってはただの時間稼ぎに過ぎないのですから。

 

そして案の定7777777でチェンジザ処理。

2体目のチェンジザも7777777で処理。

画用紙で7777777を捨てていましたがしっかりと抱えられていましたね。

そこからはラッキーナンバーで7を宣言するも横に並べられて、次のターンジョラゴンで走って終了!

 

これまで引きが強いという意味で最強ジョーカーズなどと言っていましたが、プレイもとても上手くて完敗でした。

そりゃ悔しいですけど!特に1本目!

 

しかもわざわざloserサイドに落ちてきてまで2回目やってますからね?

 

スマブラで吹き飛ばされて、復帰しようとしていたところを下スマッシュで叩き落とされた気分です!

 

 

と、いうわけで長くなりましたが小倉CCの結果はベスト8で終わりでした!

ジョーカーズさえ踏まなければ…みたいな事も思っていたので悔しいところではありますがベスト8には入ることが出来て良かったです!

 

対戦してくださった方々や運営の皆様、ありがとうございました!

 

 

 

そして本当に長くなりましたがここまで読んでいただきありがとうございました!

だいぶ途中とか適当に書いていましたがそれでも読んでいただき本当に嬉しいです!

 

 

 

 

また僕の気が向いた時に書くブログを皆さんの気が向いた時に読んでいただけると嬉しいです

 

ではでは!

 

 

 



 

 

 

 

 

マスクメーロタンクについて

 

皆さんこんにちは朝ごはんはパン派か米派でいうとパン派。あるぱです。

ですが一概にパン派といっても食パン派か菓子パン派で分かれたりもしますよね。ちなみに僕は菓子パン派です。小学校の頃は朝からポケモンパンを食べてから学校に行ったりもしてました。甘いものも好きですしね。

あのちょっと大きくて中にシールが2枚入っているポケモンパンの中にシールが3枚入っていた時は驚きましたね!

ところで塩パンって美味しいですよね。お店によって味や塩の量が違ったりして自分の好きな塩パンを見つけたときはそこに通ったりもしました。

 

今回は福岡に来てからは何かとお世話になっているどっきーさん(通称:どっきーさん)が、何やら記事を書いていたのでそれに触発されて僕も記事を書くことにしました。

記事を書き始めるや否やパンかお米か、ではなく、麺類の話をし始めるあのどっきーさんの記事に触発されました。

 

とは言ってもブログって書くこと無いじゃないですか。真面目なデッキも使ってはいますが、それについて書く僕の知識は既に浸透しているもので、わざわざ記事にして書くことではない場合もあり、それならば僕がそのデッキについての記事を書く必要はないのです。

そこで今練っている多くのデッキ(白緑イメン、イメンダーウィン、イメンバスター、ツインパクトイメン、青緑イメン)の記事を書こうとしても、練っている段階なのでもちろん記事には出来ない…。

 

ですが1つだけ程よいのがあったのでそれについて書きますね!

今さらですがこの記事を読む時間はあまり有意義では無いかもしれません。そうですね結局内容の浅い記事ですね。

ですがこのデッキの記事は僕にしか書けません!

なので書きます!

 

 

今回はマスクメーロタンクについてです。

マスクメーロタンクとは自然の4コストのクリーチャーです。


f:id:arupa-poke:20190203053432j:image

 

このカードはどのパックで出てくるかご存知ですか?

 

 

そうですね!轟轟轟ブランドのパックですね!

あの!僕が!チェンジザを!当てるまで買い続けた!轟轟轟ブランドのパックです!




f:id:arupa-poke:20190203065332j:image

いやこの時にも当たってるんかい(^-^;

おかげさまでこのカードはかなりの量あります。元々何か作りたくて4枚集めていたのにパックからぼろぼろ出てくるんですから。

 

 

で、このカードはアタック時に何かしらの方法でマナを溜めることで山札の枚数が許す限り無限にアタックすることが出来ます。その時点で僕はマリニャンとハラグロフェスティバルで無限アタックのギミックを揃えて使おうと決めていました。

そこでこの2枚を揃えるのに適役はイメンブーゴしかいない!と、思うじゃないですか?いや皆さんはそう思わないかもしれないけれど僕は思うんですよ。そういう人種なんですよ。

 

 

でも…

イメンでこれらを出すなら違うカードを出した方がいいんです!!!!!!

絶対そっちの方が強いんです!!!!!!

 

 

だからその案は白紙に戻して1度にこのメロンとマリニャンを投げてワンショット狙う様に出来ないかと考えました。

そしたら面白そうなカードを見つけたのでそれと合わせて組むことに

 

 

そして出来たリストがこれです。


f:id:arupa-poke:20190203054801j:image

※裏のカードはフェニックスライフ

 

結論:ブライゼシュート

 

少し前に程よいと記述したのはこの為です。

そうですね。後数週間の命です。

 

どうしてこんな事になったのかなのですが、この時ブライゼシュートしてフィフスとシャナバガンをトリガーさせて、マナを延ばしながらフィフスの効果で聖域を唱えてダーウィンしようと考えていたんです。

そしたら枠はキツいしパーツ集めるのも正直面倒くさいしで…。ですが同じシャナバガンとフィフスを盾からトリガーするならメロンとマリニャンを投げて、聖域はダイヤモンドソードにすればワンショット出来るのでは!?と思ったわけですね!

天才!!!

 

しかもこれフィフスのSST効果でこのターンバトルゾーンを離れないのでメロンは処理されず踏み倒しメタは効きません!一緒にモーツァルトを出せば相手のブロッカーなども吹き飛ぶのです!

バトルゾーンを離れないアタック時にアンタップするクリーチャー!強い!

 

でも!それもこれも全てフィフスとシャナバガンをトリガーさせたらの話なのです!!!

 

い・ち・お・う

レシピの解説などをしていきますね

 

ダイヤモンドソード×3

これがないとやっとの思いで出したメロンも仕事してくれないので必要です。マナにさえ落ちてくれればシャナバガンやスカルで回収することが出来るので3枚です。最悪ロジックキューブから引っ張ってきます。

 

プロテクションサークル×3

手札から盾にカードを埋めることが出来ます。ブライゼシュートした時に全然トリガーが無かったときに、フィフスの効果で唱えてSSTを仕込むことが出来ます。

 

フェニックスライフ×4

これについての説明っているんですかね?

 

メロン×4

何としても出したいので4枚です!

4ターン目に置くだけ置いて圧力をかけたり、意外とそのまんま走れたりもするので4枚です。デスザークも越えれます。面白いですね。

 

フィフス×4

ブライゼシュートした時に絶対めくりたいので4枚です。素出し何てほとんどしません。素出ししてサークル唱えるくらいなら普通にサークル唱えてこれを埋めてください。

 

ロジックキューブ×1

この画像のカードがキューブかどうかは知りませんが、その系統の呪文サーチカードです。血眼になってダイヤモンドソードを探しましょう。

 

クローチェフオーコ×1

フォーコではなくフオーコみたいですね。

何回かバハムートし過ぎたり、ハラグロフェスティバルの効果だったりで山札が無くなることがあったので入れています。

 

マリニャン×4

これもキーパーツなので4枚なのですが、普通に使っても全然強いです!メロンとは大違いです!

 

コクーンシャナバガン×4

メロンとマリニャンをこれで出します。手打ちしても強いですし減らす意味なんて無いので4枚です。

 

ベルヘルデスカル×2

このブライゼシュートを組む上で一番悩んだのが色だったのですがマナや墓地からダイヤモンドソードを回収でき、黒が入っているトリガークリーチャーっていうピンポイントカードがベルヘルデスカルだっので積みました。他にも色々マナや墓地から回収できるので超便利!

 

ブライゼナーガ×4

ヒント:これはブライゼシュートです

 

コクーンマニューバ×3

除去がバハムートだけでは不安だったので入れました。シャナバガンでバハムートとメロンを出して、マニューバでマリニャンを出してワンショット!なども出来るので入れました。

 

バハムート×3

フィフスのSST効果があれば相手のドラゴン以外のクリーチャーを全て破壊することが出来るので入れました。って言いたいところなのですが、正直メロンとマリニャンとかだけでは普通に殴られてシャナバガンSSTした時によっわいので入れました。あと色。

 

 

以上が構築についてです。

安いのも魅力的だと思っています。

これからもっと安くなりますし!ね!!!


f:id:arupa-poke:20190203062457j:image

 

 

最後に…

 

以上です。

デッキのコンボというかギミック自体は結構面白くて、相手になってくださる方も何をするんだろうと疑問に思ってくださりします。

まあ結局何をするかわからないまま終わることも多いんですけどね笑

 

ただ!本当に組むことはおすすめしません!

だってブライゼナーガからシャナバガンとフィフスめくって興奮してるの僕だけなんですよ!?そりゃそうですよ!マナにあるのはメロンとマリニャンですから!

お相手の反応なんて

「お!おお!おお??」

ですよ

そんなものです!

 

普通のブライゼシュートと違い迫力はないですし、ブライゼナーガはあの様です!

 

じゃあ何でこんな記事を書いたのかって…

いったはずです書くことがなかったって…

 

 

まあこんなデッキもあるんだな。面白いな。って少しでも思っていただければいいなと僕は思います!

 

こんな記事ですがここまで読んでいただいてありがとうございます!

僕はとても嬉しいです!

この機会に僕をフォローとかしてみてもいいと思いますよ!

 

 

また僕の気が向いた時に書くブログを皆さんの気が向いた時に読んでいただけると嬉しいです

 

それでは!

ズンドコピエロとゴクガサイクル

こんにちはあるぱです

 

最近ゴクガサイクルというコンボデッキの勢いがスゴいですよね!CSでの使用率も上がり上位入賞したという報告も多く見ます!(僕も先日KDFで使用し4-3という結果を残すことが出来ました!)パーツもどんどん値上がりしていって…今のコンボデッキの代表的な立ち位置にいると言っても過言ではないでしょう!

 

そこで今回は似たようなコンボデッキとしてズンドコピエロを比較対象にしながらゴクガサイクルの強みや弱みなどをまとめていこうと思います!

 

ただし!これから先は最近両方回してみて僕が思ったことをまとめているだけのメモみたいなもので必ずしも正しいわけでは無かったり、そもそも着眼点が違ったりするかもしれませんがそこは多めに見てもらえると嬉しいです笑

っていう逃げ道残しときますね。

 

 

 

まずゴクガサイクルとはなんぞやって方の為に説明すると
f:id:arupa-poke:20181113213555j:image

これを利用して山を削りシャコガイルでエクストラウィンを狙うデッキです。

これが2体場に出れば最後「白米だんしゃく」は1枚で3枚の手札を生み出しますし、「セイレーンコンチェルト」はサンナップですし、「ラララライフ」はニヤリーゲットみたいな感じになってもうなんでもアリです。

もちろん1枚でも十分勝ちまで持っていけます。

 

 

では簡単にゴクガサイクルがどのようなデッキかを説明したところでズンドコピエロと比べた際のゴクガサイクルの強みを挙げてみます。

 

 

1つ 殴られた返しで回せる

 

オチャッピィやフェアリーギフトを持っていればシールドをブレイクされた返しのターンで回せることが多々あります。

オチャッピィラララでマナを伸ばしゴクガロイザーを着地、もしくはオチャッピィからギフトロイザーなどで間に合わせることが出来ます。これが殴られた際のトリガーもありますので要求値が高く現実味のない話って訳でもないです。

 

2つ パーツの少なさ

 

基本的にゴクガサイクルで必要なパーツはゴクガロイザー1枚です。もちろん継続させる為にはラララライフとそれをG0で唱える為の場のスノーフェアリーだったり、白米や設計図などの呪文が必要ではありますが、ゴクガロイザーでドロー出来ますし、そこまで言っちゃうとズンドコピエロのクリーチャーだったりドルガンバスターの他に出す多色クリーチャーだったりにも同じことが言えるので、スタート地点に立つための必要なパーツとしてはゴクガロイザー1枚だと言えるでしょう。なので勝ちまで持っていける盤面とハンドを作り出すのが比較的簡単なところは強みだと思います。

 

3つ  コンボパーツ兼メタクリーチャーの存在

 

まあピンポイントですが白米/黒豆がどちらでも無駄なく入っているところですね。コンボパーツとしての白米とメタクリーチャーとしての黒豆。これは呪文を抑えられたとしてもある程度戦える理由でもあるかと思います。良くチェンジザダンテにはロイザーよりこれを目指してマナを溜めたりもしますね。

 

 

では全てにおいて今のコンボデッキではゴクガサイクルが勝っているのか?…と、言われればそうでは無いと思います。

 

そこで比較対象として挙げるズンドコピエロにありゴクガサイクルにはない強みをいくつか挙げます。

 

1つ 最速のスピードが極めて速い

 

まあこれですね。

僕がズンドコピエロを使っていて初手を見るのが何よりも楽しみなのはこれが理由です。フリーで僕が「あああ!!!」とか甲高い声で騒いでいたら大体これかトップイメンです。ステップルラララズンドコorピエロ、またはスズランラララズンドコorピエロ。これで最速3ターン着地。その他コンボデッキの全てを置き去りに出来ます。一応ゴクガサイクルにもこれと同じ速度でゴクガロイザーを着地させる事は可能ではあります(ステップルギフトロイザーorステップルララララララロイザーorステップルラララステップルロイザー)が、要求値がまるで違いますのでズンドコピエロの強みと言っていいです。

 

2つ 呪文メタがまるで効かない

 

呪文メタをされてもケロッとしながら回して終わりです。

 

3つ キーパーツがD2フィールド

 

これも大きな違いです。ズンドコピエロはキーパーツがズンドコ晴れ舞台なのでこれを剥がす手段のないデッキには強く出ることが出来ます。これはゴクガロイザーの苦手とするハンドや盤面干渉出来る赤黒ドルマゲドンや黒単デスザークなどに対して非常に強いです。もちろんゴクガサイクルにもズンドコ晴れ舞台を積めば済みますが、呪文主体である以上ガン投するとノイズになるのでズンドコピエロほどの有利対面にすることは難しいと思います。

 

 

はい。ここまでずっとお互いの強み、長所をそれぞれ挙げてきました。次は弱み、短所なんですがこれはこれまで挙げてきたそれぞれの強みの逆だと考えればいいでしょう。

 

ゴクガサイクルはズンドコピエロより、最速が遅く、呪文メタに弱く、キーパーツが場に残りにくい。

ズンドコピエロは殴られた返しに回せないので積極的に殴られればそのまま押されることが多く、パーツが1枚では無く2枚必要(どちらか1枚でも勝ちには持っていけるが数ターン必要になる)、メタクリーチャーやトリガーをデッキの潤滑油とは別で採用しないといけない。などなど…

 

特にゴクガサイクルは今流行りのチェンジザダンテのチャフリュウセイどちらかで動きが止まってしまうのは短所の中でも大きな課題ですね。

かといってズンドコピエロも最大の強みである除去されにくいズンドコが現在の環境では多くのデッキに入っているメメントの影響でかなり使いづらくなっています。

 

 

じゃあ最後にまとめなんですが、こんなに一長一短で比較してて面白いデッキは他にないのでは!?ってくらいお互いに強みと弱みが存在しています。これまで読んでいただいた方には気づいた方もいるかもしれませんが僕はズンドコピエロが好きです!実際にゴクガサイクルには無い強みも持っています!

 

ですが結局は環境にどちらが合っているか次第で、今はメメントの採用率や速いビートダウンのデッキの多さなどから残念ながらゴクガサイクルの方が強くでれるのかなと思います。環境にあるデッキに五分またはそれ以上で戦えるゴクガサイクルと完全に有利不利が分かれているズンドコピエロ。

どちらも回していて面白いデッキですし、使い比べてみると強みや弱みが浮き出てきて楽しいです!

これを期にゴクガサイクルの弱点を補うような構築にしたり、たまにはズンドコピエロを使ってみたり、相手にする場合には何に気を付ければいいのか考えてみてくださいね!

 

殴るデッキを使用する方へ

中途半端にハンド与えない方が良いですよ👍

たまに「えっ…いいの?」って思うときありますよ。

 

 

 

付録1

ゴクガサイクルとズンドコピエロの有利不利

値は勝率

注意:全て体感

 

・ゴクガサイクル

チェンジザダンテ 50%

黒単デスザークor赤黒ドルマゲドン

ズンドコ0枚 10%(ほぼ勝てないと思うけど一応10%)

ズンドコ2枚 30%

ズンドコ3枚 65%

ラッカバスター 60% 相手の引きに左右

赤白轟轟轟 65%

ジャバランガループ 20%

・ズンドコピエロ

チェンジザダンテ 40%

赤黒ドルマゲドン 95%

黒単デスザーク 70%

赤白轟轟轟 10%

ラッカバスター 40%

ジャバランガループ 60%

今思いつくのこれくらいなんで勘弁笑

 

 

付録2

ズンドコピエロレシピ


f:id:arupa-poke:20181113221556j:image

専用パーツが多いので都合良く持ってるかはわかりませんが、興味があれば組んでみてください。

 

 

 

それでは長々と2つのコンボデッキについて書かせていただきましたがこの辺りで終わりにしようと思います。ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

また僕の気が向いた時に書くブログを皆さんの気が向いた時に読んでいただけると嬉しいです

 

ではでは…

 

 

 

第5回大分CSの振り返り

こんにちはあるぱです!

久しぶりのブログですね!

すっかり存在すらも忘れていたのですが小倉CCで色んな人が書いていて「あ、いいな僕も書きたいな。でもネタが無いな」って思っていたところちょうどいいネタが出来たのでまた書いてみます!

 

今回は第5回大分CS(2ブロック)に参加してきましたのでその対戦を振り返ってみようと思います!っていうかそれだけです!

使用デッキはチェンジザ覇道です

 

これはTwitterで見かけたやつを組んでホントのホントにほんの少しだけいじったやつをそのまま使いました。ですが僕にはまだ数個候補があり、このデッキ選択の裏では僕の様々な葛藤があったんです…。

 

それでは参りましょう

 

候補 その1!

赤白轟轟轟

組もうとしたらパーツがありませんでした!

なのでやむを得ず選択肢から省きました…

(自動車学校でやむを得なければ大抵の事は許されるのは勉強済みです。ちゃんと勉強して偉い!)

 

候補 その2!

黒単デスザーク

これはデッキシート書いてるところでまひろ♪からレシピをボロクソに言われたので泣きながらデッキシートをクシャクシャにしてイナズマに食べさせてあげました

 

候補 その3!

チェンジザ覇道

これが今回握ったデッキですね

最後の候補だったんですがまあ臨機応変に戦えて、2ブロックのデッキの中でも僕が普段使ってるデッキに一番似ていて使いやすかったってのがありますね(殴りますが)

 

そんなこんなでチェンジザ覇道に決定!

僕の葛藤終わり!大会が始まれば弱音を吐いていられません!

 

1回戦目 チェンジザ覇道

まさかのミラー…

僕が環境に入るデッキを基本的に握らない理由の1つが「ミラーが下手くそだから」なんですが初戦でまさかミラーするなんて思いませんよね!

 

まあ感触を確めながらプレイしようとかなりリラックスした状態で挑みました。

(イナズマのフィーチャー卓での公開処刑確定していたので気が楽だったってのもあります)

 

そしたら何かわちゃわちゃして勝ち!まる!

(正直良く覚えてないです!)

 

対戦相手に急かされたのとメモリーで盾見たらこれは負けないだろってくらいクロックが埋まってたことくらいしか覚えてないです!

 

2回戦目 白黒ハンデス

なんとここでフィーチャー卓!

まあ正直ここ最近これっぽっちも結果出していないイナズマがフィーチャーされた時点でこれまでの大分CSの結果を参考にしているのだろうと少し身構えてはいましたが早すぎる…早すぎる公開処刑

 

 

勝ちました

 

公開処刑回避しました

 

なんなら公開処刑しました

 

確か先攻とっちゃってハンド枯らされかけたんですけど、同じくらいお相手のハンドが枯れていましたし、積極的に殴ってこないデッキなのはある程度わかっていたので準備して覇道を数回に渡り投げて勝ちました。この時メモリーで盾を見ていてクロックが埋まっているのが分かっていたのも殴りにいく後押しになったのは確かです!(対戦終わって盾見たら覇道とフレアでクロック埋まって無くて自分が嫌になりましたが…)

 

盾確認が出来ないDMP…

 

そもそも覇道をケアできる札がドラサイサバくらいしかないのに引くわけありませんよ。僕も知ってますよ都合良く盾からドラサイ引かないの。

 

僕だってたまにダンテ使ったりしてるんですよ!

 

盾埋まってないんですよ!!

 

ちなみに動画卓で

「相手のファクピタルにチェンジザの効果を合わせて覇道をばら蒔く超オシャレプレイ見せたろ!」

って思っていましたが全くそんな余裕も無くお祈りしながら盾を殴りに行く自分の姿がそこにはありました…

 

3回戦目 ワンショットジョーカーズ

(kurotoさん)

実力者です

普段全然対戦出来なく普段全然プレイを見ることが出来なく渋々カードプレイスの動画のドロマーハンデスのプレイを繰り返し見るくらいにはプレイヤーとして尊敬している方です。

 

対戦前に話掛けていただいたのに話を膨らませる能力がないので一言、二言交わして対戦へ…

ホントつくづく自分が嫌になります

 

この対戦も勝ちました

kurotoさんがジョラゴン探してるうちにクラッシュ覇道で押しきっただけでデッキパワーで勝てた感じです…今回はそういうのが多い

 

4回戦目 トリガービート

(あおくん)

 

トリガービートですね

予選でチラッと見たときは白黒ハンデスっぽかったので身構えていたら、序盤にスマッポンが見えたのでトリガービートと確信してプレイしました。

 

この試合は相手から積極的に動くことはないので場にクリーチャーを出さずに(出したらサッヴァークで貼り付けられて大変なことになるので)落ち着いてハンドを整えるのを意識しました。

 

んで整ったら1体目のチェンジザ投げ。

 

これはハンドのサッヴァークを誘き出す為ですね。

これで実質の盾からドラサイサッヴァークのケア。

出てきたら1度置換させてチェンジザフレア覇道で処理からお祈り2点!ラッキーナンバー3宣言も忘れずに!

 

追加ターンはサファイアで走ってGG!!

 

正直トリガービートと対戦したらどう動こうかなって脳内想定していた通りに対戦を進めることが出来たので超気持ち良かったです!

 

5戦目 ワンショットジョーカーズ

 

予選全勝をかけた最終戦です

こちらのデッキは序盤から動き続けるようなデッキではないので、シャワーを唱えたくらいでジョラゴン着地、からのガヨウマンハッタン。しっかりとポクチンでフレア覇道のケアもされていました。

しかしこちらの盾が強くて、父なる大地と吸い込むでポクチンとジョラゴンを返してこちらのターン

 

マナチャージして6マナへ

 

マンハッタン効果でこのターンは1体しかクリーチャーを出せないので気を付けなければいけません!なので開始時にはチェンジザフレア覇道の選択肢を切って考えます

(当たり前です)

 

そしてここでめっちゃ考えます

 

1番大事な局面

 

デッキタイプ的にも複数の選択肢があり

 

相手のマナ、手札、盤面

そして

こちらのマナ、手札、からっぽの盤面…

 

1度整理するために盤面に集中…頭を無に…

 

 

そして見つけた1番のプレイ!

こちらの盾の枚数とハンドで作れる打点的にも守ってはいられない!決死の覚悟!

1度呼吸を整え…

 

チェンジザ!フレア!ヘッ…!!

ここでお相手からストップ!

お相手の指を指す先には

 

「「アイアンマンハッタン」」

 

そうでした!すっかり忘れてました!!

頭を無にしたタイミングでこのカードの存在も抹消!そりゃ最初に切った最善手が再び頭に浮かんできますわ!だってもう覚えてないんですもん!

 

めっちゃ恥ずかしいです!

1番気をつけていたのに…!

 

そこから先はもう書く必要もありません…

 

残り2枚の盾から2枚のクロックを引くとかいう引き強でしたがもう…関係ありません…

 

 

対戦後にお相手から

「あるあるだよね」

って言われました

 

僕も!僕もそう思います!

だって!ターン返ってくるまでは覚えていたんですもん!!!

 

「でもやっちゃいけないミスだよね」

 

はい…おっしゃる通りです…

2度としません


そしてその後本当の最善手を話すなどの感想戦を少しして退席

 

 

ここで予選5回戦終了

結果は4-1の2位通過

 

全勝は逃しましたがそもそも予選全勝にはいい思い出が無いので良かったのかもしれません…。

 

蘇る記憶…

初のCS。第1回大分CS。

使用はイメンブーゴで奇跡の予選6-0

2位通過

からの本線1ボツでベスト16

 

初めてのCSで味わうベスト16

何も…何も残らない…

 

こんな思いはしたくないと思いながらCSに出続けている僕に再び訪れた16位あがりの決勝T

これからはそのベスト8か16かをかけた決勝Tへ…!

 

ってところで長くなったので終わります!

大会の振り返りってデッキ解説とかよりも数倍書くの難しいですね!多少面白味が無いと退屈しちゃいますし、ネタに走りすぎて内容が空っぽなのも嫌ですし…。

 

楽しんでいただけたかはわかりませんがやる気があれば決勝Tもこんな感じで書こうかなって思います!やる気があれば!

 

感想とかくれたら嬉しいな

 

それではまたね

 

 

 

 

 

クイーンアマテラスループについて適当に

こんにちはあるぱです。

今回は密かに練ってたクイーンアマテラスのループデッキについての記事を書いていこうかなと思います。
ブログ更新してないしせっかく形にしたんだしちょうどいいから書こっかなーっと…。

つまり自己満とブログのマンネリ化を防ぐってのがこの記事の主な目的になります!


あ、あとデッキの紹介ですね。



んじゃ早速構築です




どーん!!
f:id:arupa-poke:20180612080752j:plain


はい。こんな感じです。
一応環境みて組んだつもりです。

あ、裏面はゴクガロイザーです。




まずこのデッキの強みと弱みを分かりやすく説明しますね

強み

・D2フィールドからループに入るパターンが多いので妨害されにくい
・センノー以外の踏み倒しメタが効かない
・ジャスキルを通させない受け
・パーツが少ない

このくらいですかね。



弱み

・パーツが揃わない時がある
・センノー
・D2入りのコントロール(ハンデスなど)を取りづらい
・センノー
・単騎ラフルル


このくらいです。パーツ揃えばループデッキは勝ちなのでパーツが揃わない時は仕方がないですよね。



あ、後は洗脳センノーがいると回せなくなるところくらいですかね!



次にループに入る盤面です。
これの条件が緩いのも特徴ですね。

場にオールフォーワンとバイケン
墓地にゴクガロイザー
手札にクイーンアマテラス
山札にウェポスorサインと禁術2枚とアゲイン
盾とマナ以外のどこかにホワイトブラックホール

または

場にオールフォーワンとゴクガロイザー
手札にクイーンアマテラス
山札にウェポスorサインと禁術2枚とアゲイン
盾とマナ以外のどこかにホワイトブラックホール
です。

ちなみに禁術1枚とアゲインは墓地に落ちていてもループに入ります。何が言いたいかはわかると思うので深くは掘り下げませんが…。
他にもありますが1番早く出来る盤面はこれかなと思います。

簡単ですよね。この盤面を作ることが出来れば勝ちです。やった!



そしてこの盤面を作りやすくするカードとして今回採用しているのがこのジェリフィというカードです。
f:id:arupa-poke:20180612082957j:plain

これの仕事が結構スゴいんですよ!

盾から出てきたときが1番仕事します



盾割られてこれがトリガーした際に手札からアゲインやゴクガロイザーなどのループパーツを落としながらバイケンを着地させれるんです!んでおまけとしてその数相手クリーチャーの動きを止めれます。

後はオールフォーワン張ってバイケン破壊してクイーンアマテラスを着地させれば終わりです。簡単ですよね!


そいじゃ最後に採用カード数枚の説明をしますね


・エマージェンシータイフーン

もちろんメインは序盤のハンド交換ですが、もう1つの役割として山札を削らずに手札を捨てれるという事で採用しています。ホワイトブラックホールが盾落ちした際に、アゲインループした後メモリーでブライゼを引っ張ってこれで落とします。これによって事故率を最小限に抑えながら盾落ちケア出来るんですよね。


・ウィザードチャージャー

ボンチャは色が確保出来ず使えない可能性があるのと極力禁術や蘇生呪文は墓地に落としたくないので、その辺をボトムに沈められるチャージャーとして採用しています。
これによって先攻をとれば3ターン目バスターにもオールフォーワンが間に合います。


・ウェポスグレイブ

ルソーモンテスはクイーンアマテラスで引っ張ってこれないので、事故る可能性がありますが仕方なくこのカードでゴクガロイザーを蘇生します。


・バイケン
相手の攻撃をエマタイorサイバーチューンorジェリフィまたは唱える呪文によっては禁術で防ぎながらオールフォーワンでクイアマを出す元になるカードです。呪文から出せば単騎も貫通するのでスゴいですよね。ざまぁみろ単騎。


・クイーンアマテラス3枚

クリスタルメモリーがあるので妥協してます。
正直もっと枠が欲しいです。


ループの手順などはスゴく簡単で多少調べればいくらでも出てくると思うので今回は構築についてだらだらと書かせていただきました。
自発でループさせる際は相手によってゴクガロイザーかオールフォーワンのどちらを先に建てるか考えて下さいね。


以上です。
これ以上に強い構築もゴロゴロ転がってると思うので探してみて下さい。



最後まで付き合っていただきありがとうございました!また唐突にブログ書くかもしれませんのでその時はまたよろしくお願いします。



ではでは~!

暇なんでチームPETのメンバー紹介

こんにちはあるぱです
今回は僕が所属してるチームPETという謎の無名組織のメンバーを適当に紹介していこうと思います。


・チームPETとはなんぞ?
簡単に言うと仲良しグループです。正直それだけ。チームって名乗ることでより団結力が生まれるかなー程度の気持ちで作っただけです。たまに情報交換や構築の相談したりなどもしています。一人を除いてはどいつもこいつもテンプレを握れないプレイヤーばかりで常に構築に異物が混入してる。主に大分のカードショップに出没します。




・メンバー紹介


あるぱ/2代目みそおでん

一応チームリーダーって感じです。あと連中のデッキシートを書いたりする書記も担当。一人だけ歳上で良く出会うことが出来たなぁ…と。
ループなどを好んで使いますが他に質のいいのを組むのがいるので担当って感じじゃないです。
よって担当はイメンブーゴ。と、雑用。


ジブリ

最初にチームとか組めたら面白くね?って言ったのは確かこの人。今はDMと少し距離をとってるけどハンデスにおいてはこのチームで右に出るものはいなく店舗大会の優勝回数も多い。メンバーからの信頼も厚くジブにぃがハンデスで勝つだけでチーム全体の士気が上がる。
担当はもちろんハンデス


ダニエル

環境外を好んで使うが「バスターの人」で名が通っちゃってるプレイヤー。ただチーム内での色んなデッキ案は基本これから。プレイングも凄まじく一度したプレイを流れるように巻き戻す(最近気を付けてるらしい)。ろくに殴らない。常に金欠。
担当は主にループやロック


イナズマ/イナイレ

チームのアイドル。環境には入らないであろうファンデッキを量産するプレイヤー。そのいきすぎたファンデッキとして生み出されたのが白緑メタリカ。でもCSの参加回数はチーム2番目と遠征も良くするガチプレイヤー。
担当はファンデッキ


ひっきー

テンプレ大好き。チームのいじられ役。結果残した構築に絶対の信頼を寄せる環境を追う者。今はどんなデッキを組んでいるのか知らないけど基本はどこかの構築そのまんま。口は悪いけど何だかんだで仲間思いな結構いい子。
担当は環境デッキ


クマノミちゃん/みそおでん

チームのムードメーカー。かなり前からDMをしているため知識が膨大で色々なデッキの動きを把握している。その上で環境に合いそうなデッキを握ったりしているが1番は5cコントロール。常に形を変えながら5cを使い続ける。
担当はもちろん5cコントロール

※ここでの担当はこの分野に関しては絶対の信頼を置けるという意味(ひっきーを除く)





ちなみにメンバーはお守りとして全員このスパルタンJをCSなどでは持ち歩いています
f:id:arupa-poke:20180527103651j:plain


不思議な事に皆で持っておくと愛着湧くんですよね
なのでこのカードをレシピに添えながら写真撮ってる変人いたら多分PETの人なので声かけてね






この内容はメンバーには無許可だけど怒られても謝れば多分許してくれるから大丈夫!

それぞれのメンバーの紹介をただするだけの正直誰得な内容になっちゃったけど、メンバーと会ったことある人とかにとっては面白いんじゃないかなとは思いますね笑
こんな感じのチームって程でもない緩いグループですが今後ともよろしくお願いします!




ではでは…